為替取引時間について

為替取引時間はいつからいつまで?

外国為替市場は、24時間いつでもどこかの国が市場を開いています。始まりは月曜日。ニュージーランドのウェリントン市場から日本や香港に続き中東ドイツに移ります。東京時間の17時ごろからロンドン市場が開き、東京時間の10時ごろからニューヨークで取引が始まります。このように、世界の市場は24時間リレーのように動き続け、土曜日のニューヨーク市場が閉まる時間まで続きます。

FXはこれを利用しているので、24時間の取引が可能になります。これはFXの大きな特徴であり魅力です。ですが、24時間取引ができるといっても世界市場に大きな影響を与える国がいつも市場に参加しているわけではないということを覚えている必要があります。つまり、どこの国がその時間の主の取引市場になっているのかでレートの動きが全く変わってくるということです。ですから、それによって自分の取引の仕方を変える必要があるのです。また、自分の好きな手法が一番有効な市場が動いている時間に絞って取引をするという方法もあります。

FXをやっている人の中には、プロを目指している人ばかりではなく、サラリーマンや専業主婦の方もおられます。自分が取引を行える時間帯にどこの市場が動いていて、そこで有用で自分にもあった手法を見つけるというのが大切です。自分の取引スタイルを確立し、その市場を傾向を分析して対策を練っていくなら利益を上げやすくなります。そうするなら24時間取引が行われているというメリットを最大限活用していることになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加