主婦のためのFX基礎知識

主婦がFXで泣かないための基本知識

専業主婦をしながら、お家でお小遣い稼ぎをしたいなという軽い気持ちでFXを始める方がいます。しかし、何も知らずにたくさんの利益をだして大喜びしていると、お金を稼いでいる人に課せられる大切な義務を見過ごしてしまうかもしれません。もしくは、家族に内緒でへそくりのために始めたFXで大損してしまって、誰にも相談できず途方に暮れてしまう人もいます。そんなことを避けるためには、忙しいとは言ってもしっかり勉強をして、情報に通じる必要があります。では、主婦の皆さん必見のFXを始めるときの注意点をこれからご紹介します。

まず、FXは特徴としてレバレッジ効果、つまり少ない資金で大きな取引ができるという利点があります。ですが、大きな取引でも大きな利益を得ようとするのは賢明ではありません。為替の動きを完璧に予想するのは不可能で、勝ち続けることも不可能です。そのことを、承知の上で始めましょう。ですが、FX業者の中には専業主婦の方は口座が開設できないところもあります。審査がゆるめで、信頼できる業者が見つけられるよう慎重に選びましょう。そして、主婦の皆さんで多いのはFXを家のパソコンで行っているため、仕事という意識がなく、お金を稼いでいる人に当然課せられる納税の義務を忘れてしまうというケースです。FXを始め、利益を出した時点で扶養家族ではなくなり、配偶者の控除の対象から外れてしまいます。すると、扶養家族がいたおかげで、安くなっていた夫が払う税金が値上がりするかもしれません。そして、始めた本人は別で確定申告や納税を行わなければいけません。結局、出た利益と増えた税金をトータルしたら損になるということもあり得るということも覚えておくべきでしょう。

それでは、FXを行う際にはどんな税金がかかってくるのでしょうか?それは、所得税と地方税の二つです。所得税については、稼いだ全体の金額から必要経費(手数料、パソコン購入費、新聞代など)を差し引いた金額のことを「所得」と言い、その所得から所得控除(医療控除、配偶者控除など)を差し引いた金額が、課税所得となります。この課税所得が所得税の場合は38万円までが確定申告が不要です。地方税は、35万円までです。この枠内でFXをする方法もあります。

少し調べただけでも、主婦がFXを始めることに関係してくる要素はたくさんあります。ただの気楽な小遣い稼ぎではないことをしっかり認識しておきましょう。忙しいとは言っても、FXのレートが動く要因となるイベントなどをチェックしておくのは重要です。レートは常に変化しています。世界の為替情報に通じておくことをお勧めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加