FXの儲かる仕組み

儲かる仕組みが知りたい!為替取引を始める前に

最近FXでお小遣い稼ぎをしている人が増えているようです。でも、FXも投資だし元々のお金はみんなどうしているの?と疑問に思ったことはありませんか?実は、少ない資金で大きな利益を得られるのが、FXの特徴であり魅力の一つでもあるのです。その仕組みをご説明します。

FXを日本語に直すと、外国為替証拠金取引です。この「証拠金」というのがカギとなるものです。まず、FXを始めるにあたってその運営をしている業者に口座を開設します。その口座に「証拠金」として一定額の預金をします。言い換えるなら「担保金」です。この預金を担保に大きな取引を行う資金を借りることができるのです。

具体的な数字で考えましょう。口座に100万円を預金したとします。業者にもよりますが、預金した金額の数倍から数十倍の金額の取引をすることができます。例えば10倍と考えて、1000万円の取引が可能になります。この時の為替が1ドル=100円だとすると、トレードして10万ドルを運営することになります。トレード後、円高になって例えば1ドル=110円になったとすると、円に戻した時に利益として10万円がでますね。自分の元々のお金は10万円ですから100%の利益ということです!これはすごいですね!

簡単な例で考えてみましたが、意外と仕組みは分かってしまえば単純なものです。「少ない資金で大きな取引をする」このことを「レバレッジ効果」といいます。テコの原理のことです。これがFXの儲かる仕組みであり、ほか外貨取引の方法との違いでもあります。

一時期注目された「外貨預金」というものもあります。これは、円以外の通貨に交換して預金するというもので、日本より利息率が良い国ものだと、預けているだけでお金が増えるというものです。ですが、FXと比べるとトレードの手数料がかかりますし、何といってもレバレッジ効果が使えないので、100%の利益なんて出てきません。

仕組みを知って、上手に利用することで自分の少ない元々は資金で大きな利益を得ることもできます。まずは知識を蓄えるところから!口座を開設する際も、どの業者を選ぶか、しっかり調査を行ってから慎重に!いろいろ情報を集めながら楽しくお取り引きしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加