FX rsi

テクニカル指標のRSIの使い方、現役FXトレーダーに聞いてみた

1978年に、J.W.ワイルダー氏が考案したRSIというテクニカル指標はご存知でしょうか?オシレーター系の指標で、現在のレートが買われすぎか売られすぎかを判断する、つまり相場の過熱感をインジケートする指標となっています。相場が過熱状態の時にレートが反転する傾向にありますから、逆張りで利用しやすいテクニカル指標と言えるでしょう。しかし、注意点は強いトレンドが出た時は機能しない点です。

RSI指標の基本は以上の通りですが、問題は如何に実戦で応用できるか、ということになるでしょう。道理は分かっても使い方が分からなければ、あまり意味がありません。そこで、実際にRSI指標を利用して利益を出している現役FXトレーダーに応用の仕方を聞いてみましたから、参考にされて下さい。

まず、RSI指標を利用する時の基本ですが、RSI指標が30%以下の状態でレートが反転した時が「買い」、70%以上の状態でレートが反転した時が「売り」です。これをまずは頭にたたき込むことが大切だとのアドバイスをいただきました。

上述しましたが、トレンドが強すぎると指標が上または下に張り付いた状態になり、指標として機能しなくなります。ですから、RSI指標を単体で利用するのではなく、その他テクニカル指標と併用することがポイントとなります。その他指標を具体的に言うと、オシレーター系の指標ではなく、トレンド系指標から選択するのがベストです。トレンド系指標は、現在のトレンド発生の有無を判断するのに有効な指標ですから、上手に組み合わせて利用しましょう。

現役FXトレーダーが言うには、RSIと相性が良いのは平均線または移動平均線とのことですよ。ボリンジャーバンドという意見も多少ありましたが、ボリンジャーバンドは基本的には逆張りで利用するテクニカル指標です。ボリンジャーもRSIも逆張りですから、両方同時に利用することでリスクが大きくなりますので、可能な限りボリンジャーバンド以外の指標が良いとのご意見を耳にすることができました。

ここまで説明しといて失礼ですが、ボリンジャーバンド考案者のボリンジャー氏は、ボリンジャーを逆張りでなく順張りで使うように勧めています。ですから、RSIと併用してボリンジャーバンドを利用するのが決してダメなわけではないと思われます。自分なりに研究して、可能であれば併用して取引してみましょう。意外にも成功する可能性がありますよ。以上のように、RSIを使いこなして利益を上げていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加