FXの情報法収集法

FXは情報収集が基本!その方法とは?

為替取引を行う時に、タイミングや知識など重要なことはたくさんありますが、情報収集というところが一番と言っていいほど欠かせないと言えます。持っている知識をタイミングよく使うためには正確で新しい情報をつかんでおくことが大切です。ある情報を知っているか知らないかが、命取りになるということもあります。取引はインターネットで行い、その同じパソコンで必要な情報を集めることができます。どんな情報を集めればよいのでしょうか?

言うまでもなく為替の変動に関係する情報を得る必要があります。為替相場の動きにもっとも大きな影響を与えているのはアメリカのドルです。ですから、アメリカの経済指標が為替相場をよく動かすので要注目です。また、その指標の中でも時期によって注目すべき項目が変わってきます。金利や失業率、経済成長率、物価上昇率、財政収支の赤字率。今何に注目して取引を行うべきかも見分ける必要があります。

他にも、為替相場を変動させる要因として挙げられるのは、各国の要人の発言です。大きなイベントでのスピーチなどの要人の一言で為替が多きく動くことも十分に考えられます。ですから、発表された数字の情報だけではなくて、数字に表れる前の為替の流れにも敏感であるなら、これからの動向が予測しやすくなるでしょう。そのために、やはり経済に菅家するニュースや、国際的なイベントのニュースなどをチェックしておくことをお勧めします。

今の時代はインターネットでほぼすべての情報源をカバーできるようになってきました。世界経済のニュースを扱っている会社のページを定期的の見るのも良いでしょう。また、口座を持っているFX会社が提供しているニュースやレポートもあります。それをメールマガジンで配信するサービスもあり、常に最新の情報を得ることができます。業者によって更新のスピードや、力を入れているニュースの種類も異なりますので、幅広い情報源から自分の取引方法に合った情報をピックアップするのは始めのうち骨の折れることかもしれません。ですが、慣れてくれば情報の取捨選択もスムーズにできるようになるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加