通貨トレードでの平均足の使い方

あなたの通貨トレードを助けてくれる平均足

FXの取引の際に使う指標で、皆さんが良く知っているのはローソク足ですね。それ以外にも、指標の種類はいろいろあります。その中で、平均足というものがあります。そのメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

平均足は市場のトレンドの大まかな傾向を見ることができるチャートもことです。ローソク足が特定の時間ごとの高値、安値、始値、終値を表しているのに対し、平均足は一つ前の始値と終値の平均と最新の高値と安値の平均を表しています。つまり、ローソク足は時間帯の値動きを知ることができ、平均足は前の値との差がどれくらい動いているのかを知ることができるので、市場全体の方向性が分かるということです。

平均足は、足の色や長さやひげなどを分析しなければいけないローソク足と違って、色だけでトレンドが読めてしまうのというところがメリットといえます。

ただし、気を付けなければいけない点もあります。それはこの指標が表しているのが、実際の値ではなく「平均」ということです。つまり、平均足だけを見て取引をしていると実際の値ではなく平均しか見えていないので、終値が有利だと喜んでいても、実際にはそれよりも低い場合があって、それに気づかないことがあります。平均を利用している表ですので、反応が遅いということもありますが、正確な情報ですので小さな騙しに引っかかるというリスクは避けることができるでしょう。

ですから、一番理想的なのはローソク足と平均足を併用するということでしょう。どちらもメリットデメリットがありますので、それぞれをカバーしあって使いこなすことができれば、より多くの利益を得ることの助けになります。初心者の方は市場の方向性を読むというのがとても難しく感じられるでしょう。ですから初めのうちは平均足を見て市場のトレンドを読み、どのタイミングでトレードをするか図るのが良いかもしれません。ただ、大まかな読みで利益が得られる場合というのは多くありませんので、やりすぎには注意がひつようです。

初心者に限らず、この平均足を使って利益を上げているトレーダーも中にはいるわけですから、自分のトレードの仕方に合っている指標を見つけるのはとても大切だと言えるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加