為替取引は円高時に始める

円高がチャンス!?為替取引のはじめ時

ニュースや新聞でよく目にする、「円高」や「円安」という言葉。経済などに興味がないとなかなか気にも留めない単語かもしれません。ですが、FXを始めるにあたってこれは欠かせない知識です。まずその言葉の意味から知ることにしましょう。

円高とは簡単に言えば、世界経済の中で、「円」の価値が高いということです。つまり、円安はその逆で「円」の価値が低い状況のことです。円の価値といわれても、ピンと来ないかもしれません。たとえば、アメリカで1ドルで売っているお菓子。普通なら100円を出せば買えるところを、「円高」の場合、円の価値がドルの価値より高いので80円を出せば買えてしまうのです。「円安」の場合は、円の価値がドルの価値より低いので同じ1ドルのお菓子を買うのにも120円を出さなければならないということです。この意味を理解しておくことがFXを行う上でとても重要なことです。

それでは、意味が分かったところでFXに置き換えて考えてみましょう。そもそも、FXで利益が出るということは、100円を1ドルに交換したとして為替が動いて、1ドルを120円で売ることができた!という時に、20円が自分の儲けになるということです。ですから、円の価値が高い時期にドルと交換し、円の価値が下がったらドルを円に戻すと、前よりも多くの円が手に入るのです。その初めの金額との差額が自分の利益になります。円高の時は、円安の時と比べて、同じだけの円で多くのドルが買えるのでFXを始めるのは円高の時がおすすめと言われるのです。

もちろん、ドルを買う(外貨購入)からだけでなく、ドルを売る(外貨売却)から始めることもできますので、為替が動いているときはいつでも利益が得られる投資方法であるFXです。しかし、まだ全ての仕組みを理解していないような初心者にとっては分かりやすい円高の時期からの投資開始をお勧めします。しっかりと儲けるためには勉強も不可欠です。基礎知識や用語だけでなくリスクや注意点も調べてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加