FX 手数料

スプレッドの低い会社を選んでコストを抑えた賢い取引を可能に!

FXは数千円からでも始められうえ、レバレッジで倍率を上げて取引すれば少額でも大きく稼ぐことが出来ます。始めたばかりのころはよくかわらず苦戦もしましたが、今では少ない資金で結構稼げるようになりました!だから最近は楽しくて仕方ないです!

ただ始めたばかりのころは知識もなかったので良い口座を選べていませんでした。今もその口座を使っているので、取引の時にコストが余計に掛かってしまいます。手数料やスプレッドによる取引コストは結構大きくて、取引が大きくなれば損する金額もかなりの額になっています。

もっと良い条件の口座に変えれば、ここまで掛かることはないはずなので、この勿体無いコストを何とか失くしていこうと思います。手数料は当然無料で、しかもスプレッドの低い取引コストの抑えられる口座を開設します。

そして実際に口座を変えて取引をしてみると、やっぱり結構な金額が浮いたんです!コストが減って今までFX会社に払っていたお金が手元に残るので何だか得した気分にもなります。

たかが手数料と思っていると、大きく勝った時に損しますよ!特にレバレッジを効かせて取引していると手数料も大きく掛かって来るので、手数料のことは絶対に意識しておいた方がいいです!

うまい話にはリスクあり!FXのいろんな面を知ろう

FXを行う際、たくさんのメリットがあります。しかし、それに伴ってたくさんのリスクも発生するということを覚えておく必要があります。リスクは色んな分野で起こってきますので、どんなところにリスクが潜んでいるかご紹介します。

まず、利益が発生する裏には損失が発生するリスクがあるということです。例えば、円でドルを買ったとして、それを円に戻すタイミングが円安の時であれば利益が出ますが、円安の時に戻してしまうと損失になってしまいます。ですから、このタイミングは大切です。取引はこまめに行うようにして、まとめて購入や売却を行うことを避けましょう。

FXの魅力の一つとして。レバレッジ効果があります。これはとても便利で有用な仕組みですが大きなリスクにもなりかねます。なぜなら、一つ目に紹介したリスクと同じ理由ですが、大きな利益が出る可能性は大きな損失が出る可能性と五分五分だからです。大きな損失を避けるために、初心者の方はレバレッジを低めにして取引をするのが良いでしょう。

また、自分が取引をしたい時にいつでも取引ができるとは限りません。取引は相手がいることが前提のものです。国の財政不安やテロや災害によって為替市場が円滑に動かなくなる場合があります。このリスクはとくにマイナーな通貨を扱っている国見受けられます。メジャーな通貨である、アメリカドルや日本円やユーロなどはこのリスクが低いと言えるでしょう。ですから、安全な取引を望むなら、メジャーな通貨で行うか、取引を行う通貨を分散させることをお勧めします。

そして、現在はすべての取引をインターネット上で行えるというところにもリスクが潜んでいることを忘れてはなりません。これは便利な一面ではありますが、インターネットという一つのものだけでつながっているものですから、ネット環境が悪くなったらすべての取引がストップしてしまうということです。また、数字の入力ミスなども起こりえます。もっとも怖いのは、部外者にパスワードなどが漏出して、自分の知らないところで取引が行われてしまうという可能性も無きにしも非ずということです。この面では普段から使用している機器のメンテナンスや、パスワードの定期更新などを行うなら、リスクを少しでも減らすことができるでしょう。

ここまででいくつかのリスクを取り上げましたが、ほかにも色々なところにリスクはあります。メリットにリスクは付き物。それを回避するために、リスクの原因や対処法を覚えておき、スムーズな為替取引を行ってください。

為替トレード初心者にもおすすめ!ブレークアウト手法

為替取引で使われる手法は多くあります。その中でも、基本ともいえる手法、「ブレークアウト手法」があります。この手法はプロのトレーダーたちにも人気のでありますが、基本ですので初心者にもおすすめできます。そのやり方、気を付けるべきところをご紹介します。

はじめに、そもそもブレークアウトとはなんでしょうか。直訳するなら、「突き破る」とか「突然発生する」という意味です。チャートが文字通りこの意味にとれる動きをするところに乗っかって利益を出す手法なので、このように呼ばれています。どういうことかと言うと、ある注目されているポイントをレートが突き抜ける、つまり勢いに乗って上昇するというタイミングで取引を行うということです。

ここで注目されているポイントとは、高値や安値のことです。前回の高値を超えそう!もしくは超えた!というところでエントリーをするのです。手短にささっと稼ぐことができます。ですが、毎回超えそう!の次のタイミングで必ず上昇するとは限りません。これは統計的に見た傾向があるというだけだからです。ですから、これが、ブレークアウト手法の欠点といえます。

この手法の欠点、それは「騙し」があるところです。騙しとは、ブレークアウトするかも!という傾向が見られた後にブレイクしなかったり、一瞬ブレイクしたように見せかけてすぐ戻ったりすることがあるということです。そういう場合は、粘るのではなく潔く損切りそして、次のチャンスを待つほうが賢明でしょう。そうするなら、一回の損失を地位様ものにすることができ、次に本当にブレークアウトした時の利益でかばーできます。続けて2、3回損切りをしたとしても後で取り返すことができるのが、この手法のメリットといえます。

この手法の仕組みは簡単ですので、お勧めですし、慣れてくれば取引時間の長さに応じて応用させることもできます。便利な手法ですので、ぜひ試してみてください。

失敗から学ぶ!通貨トレードの日記を書こう!

FXを行う際に、大切なのは情報収集だといえるでしょう。中でも、一番の情報源になるのは、自分の過去の取引データです。一般的なアドバイスや、初心者がやりがちな取引の傾向ではなくて、自分だけの取引のクセやミスなどを自分で分析することで、自分用のオーダーメイドの情報源になります。

トレード日記はノートに手書きで書いても良いですし、めんどくさければエクセルなどで簡単に記録を付けても良いと思います。市場は、繰り返しています。自分の傾向を知らないまま取引を続けているなら、トレーダーとして成長していくのは難しいでしょう。チャートに向かっていて、前にも遭遇したことのある場面が現れたとします。以前の自分がした対応が利益を生んでいれば、正しい判断ができたということで良いですが、もし以前の判断が間違っていて損失を生んでいるのなら、みすみす同じ間違いを繰り返す必要はありません。損失を出してしまった時にトレード日記で反省点や対処法などを、あらかじめ記録しておけば即座に正しい対応ができます。この点で、やはりトレード日記は有用であると言えます。

しかし、自分の取引を分析すると一言で言っても、なかなか慣れるまでは難しいかもしれません。一つのコツは、自分の行動に「なぜ?」を問いかけることです。この場面で自分がエントリーしたのはなぜだろう?とかなぜ自分はここで損切りをしたのだろう?とかです。自分の行動の理由をその時、考えたことを思いだしながら記録するなら、自分の読みが外れた理由や本当はどう行動すべきだったかが見えてくるでしょう。

パソコンに向かっている時間が長いだけでは、満足感は得られるかもしれませんが、トレーダーとしての腕は上がりません。理性的に分析をし、小さな努力を重ねることで損失を回避し利益を生み出せるトレーダーになれるでしょう。そのために、ぜひ自分のトレード日記を付けてみてください。